選定基準は硬さと材質|いびき防止グッズを使った治し方|気になる悩みを解決

いびき防止グッズを使った治し方|気になる悩みを解決

男の人

選定基準は硬さと材質

枕

選定基準は硬さと材質

枕選びは睡眠の質を左右する重要な事項です。自分に合わない枕を使用すると、寝ている時間の間に首に負担をかけ続けることとなり、慢性的な肩こりや腰痛が引き起こされます。理想の枕を選ぶ際には注意を払うべき点がいくつかあり、代表的なものに枕の硬さ、枕の材質があります。枕は頭の凹凸に合わせて変形しつつも、頭が沈みこみすぎると自然な寝返りが打ちづらくなるため、適度な力で反発して頭をしっかり支えてくれる必要があります。柔らかすぎない適度な反発力を持つことが大切です。また、その上で通気性と吸湿性に優れた材質であることが重要となります。通気性が優れた枕を使用することで、寝ている間に枕に頭や首から伝わった熱がこもり、寝苦しくなってしまうことを防止できます。また、吸湿性が良いことも重要で、寝ている間にかく大量の汗を内部に吸収し、表面は常にさらりとした快適な手触りの状態にあることで、夏場においても安眠が可能な理想の枕になります。

通気性と吸湿性の良い素材

理想の枕選びには枕の素材が重要となり、その硬さ、通気性、吸湿性に注意する必要があります。市販されている枕には様々な素材のものがあり、一般的には羽毛やポリエステル、綿、パイプ、そば殻などがあり、近年話題になった低反発素材ウレタン製のものなどもあります。それぞれ利点と弱点があり寝心地に差が出てきます。その中でも、通気性と吸湿性の両方とも高い水準の能力を持つ素材として、羽毛やそば殻製が挙げられます。羽毛は軽くて柔らかく、適度な反発力を持ち、また水分を内部に吸収する力が強く、内部には空気層が多いために通気性も優れている優秀な素材です。そば殻は同様に水分を内部に吸収し、また殻同士の隙間が多くあるため、通気性が良い素材です。軽くて安価なことも大きなメリットです。羽毛とそば殻、両者とも通気性、吸湿性に優れ、適度な弾力を持った優秀な素材であり、これらを用いることで快適な睡眠を得られる理想の枕を実現することができます。